来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

快晴続き

お正月っていつもこんなに晴天続きだったかな?
久しぶりの連休なので、寒くてもやっぱりカメラを持って外に出てしまいます。
でも体がちょっと疲れているのは・・・お酒の飲み過ぎだな。休みだからといって調子にのってます。

 

光が精一杯いろんなものを祝福するように照らしています。
落ち葉すらもきらきらと輝いていました。
いい年になるといいな。

 

f:id:grasshouse:20180102143010j:plain

お屠蘇散

f:id:grasshouse:20171231174532j:plain

屠蘇散 「邪気を屠(ほふ)り、心身を蘇(よみがえ)らせる」

元旦はこれをつけこんだお屠蘇をひとりで飲みきりましたよ!
みりんを入れる作り方もあるらしいのですが、みりんなんて私には必要なし!
もちろん日本酒に漬け込んだ。おいしかったです。

 

一昨年からお屠蘇散を買って本格的に作るようになりました。
本格的も手抜きもないと思うですが、薬草や生薬のことを調べるようになってから「お屠蘇散」のことを知りました。なので、、、それまでお正月に飲むノーマルな日本酒を「お屠蘇」というのだとばかり思っていました。

 

実家で飲む「お屠蘇」も普通の日本酒でした。おそらく、ものすごく田舎なのでお屠蘇散が手に入らないか、残念ながら両親が知らなかったか・・・(泣

 

私がお屠蘇を掘り下げて説明するより、丁寧な説明があるので、気になった方はこちらからお願いいたします。

屠蘇 - Wikipedia

 

今年はウチダ和漢薬のお屠蘇散を使いました。
中身は

  • オケラの根(白朮)
  • サンショウの実(蜀椒)
  • ボウフウの根(防風)
  • キキョウの根(桔梗)
  • ニッケイの樹皮(桂皮)
  • ミカンの皮(陳皮)

ビャクジュツで水分代謝をよくして、
ケイヒやサンショウで体をあたため、
チンピで胃腸もあたたまる。
ボウフウで邪気を払い、風邪予防!
って感じでしょうか・・・・。
とてもバランスよくて考え抜かれた6種類です。

このお屠蘇散、初期の初期の風邪にもしかするととても効果的なんじゃないかな。

 

 

2018年よろしくお願い申し上げます

f:id:grasshouse:20171229163127j:plain

このブログをどれだけの方が読んでくださっているのかわかりませんが、

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

昨年から急に思い立って始めた来双船note
同時に「来双船」という名前もつけました。 

はじめまして 来双船です - 来双船note ーきそうせんノートー


フリーランスとしてのお仕事が入っていないため(汗、
まだまだ認知度はありませんが、今年は少しでもたくさんの方と
そしてたくさんの薬草・草木と出会いたいと願っております。

そしてそして、この場でいろんな薬草のおもしろさを発信して
(私のメモ帳の役割ではあるけど)
誰かを癒すことができたらと思っております。

写真の葉っぱはこれです・・・

かさぶたって取る派?残す派? - 来双船note ーきそうせんノートー

Fight! Fight! Fight!

元気が一番、
元気があればなんでもできる!

 

出る前に負けること考えるバカいるかよ!

 

道はどんなに険しくとも、
笑いながら歩こうぜ!

 

バカになれ とことんバカになれ!

 

花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ。

 

アントニオ猪木さんの名言を拾ってみました。
さすがです。2018年度の抱負にしてみようかな、ボンバーイエイ。

 

f:id:grasshouse:20171218213515j:plain

ピラカンサ」 学名:Pyracantha


この時期、剪定されないで爆発状態のピラカンサ(トキワサンザシ)を見るといつもアントニオ猪木さんを思い出すんです。そしてあのテーマ曲が脳内を駆けめぐります。

 

www.youtube.com

 

この来双船note は、自分の薬草メモ的なところも兼ねて書いております。
文章も、情報としても至らないところがたくさんですが、アップして、自分の文章を読んで恥ずかしくなること多々ありますが、これからも続けていきます。
お時間あれば・ご興味あればお付き合いください。

そうだ、1月2日はスーパームーンですよ!スーパー満月の日。
最近の満月の中でも特別大きく見えるらしいです。2017年の最後に植物ではない話題で終わってしまいましたが、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

くそ、だけど。

フェンスにからまり、カラカラになっているヘクソカズラの果実。乾燥して中身は種だけ入っていました。

f:id:grasshouse:20171229144147j:plain

 

花です。

f:id:grasshouse:20171229144310j:plain

ヘクソカズラ」アカネ科ヘクソカズラ属  学名: Paederia scandens 英語名:Skunk vine

名前と花の形がインパクトありすぎて、毎年注目してしまいます。かわいらしいと言えばかわいらしい、、この独特な姿形をしているのに「ヘクソ」なんです。
葉と茎にちょっとした悪臭があるんです。雨あがりになんて特にモワッとにおいます。

英語名も「Skunk」とあるため(きっとあの動物のスカンクからきてるんでしょうね、きっと)、くさいイメージがつけられている。

 

インパクトある名前をつけることが多い、植物学者の牧野富太郎先生が名付け親かと思いきや、万葉集ではすでに「クソカズラ」と呼ばれていたようなので、かなしき性。
しかし、このヘクソカズラの実は民間薬でしもやけや、あかぎれに使われています!

汚名返上・名誉挽回


新鮮な実を潰して、ハンドクリームに混ぜて使っていたという話を、実際にご高齢者の方から聞いたことがあります。その方の手は荒れていましたので、どれほど効果があったのかわかりません。
ですが、抗菌性があるため虫刺されのときなど、葉をよくもんで直接患部に当てるとよいそうです。くさいですけどね・・・・・。がまん・・・・なのです。

 

他の「クソ」に関しては、ここにも書いております。興味がある方はぜひ。

クソと言われても - 来双船note ーきそうせんノートー

冬支度 2

昨日の続き

午後になり、風が冷たくなったので温室に逃げ込みました。

あったかい・・・楽園です。すぐにカメラのレンズがくもったけど。

そうだ!と思い出し、ある植物へと向かいました。

f:id:grasshouse:20171229133142j:plain

「カカオ」アオイ科カカオ属 学名:Theobroma cacao 英語名:cacao

樹の幹や枝から、直接ラグビーボールのような実がポポポ〜〜ンと飛び出して成っているように見えるため、初めてカカオの実を見つけた時は笑ってしまいした。

真夏の8月に温室を観察した時に、花を見つけていたので、その後どうなったかなと思い出しました。花のあとを観察し忘れたことが悔やまれますが、ちゃんと実に成長していて感動。
この形からは想像できないくらいに、花がとても可憐なんです。

f:id:grasshouse:20171229134837j:plain

上の写真の右側、まだ青い実が花の時の写真です。


カカオは主に種子がいろんな使われた方をします。
誰もが知っているのはココアやチョコレートの原料。オレイン酸を含むカカオ脂(カカオバター)を使いますが、カカオの花と実がこんな大胆な姿で樹になるかはあまり知られていません。

f:id:grasshouse:20171229141146j:plain

私も植物園で見るだけで、実際に育てたことがないうえ、日本では栽培されていないので実を開いたこともないです。そのため本だけの知識ですが、種子に含まれている大量の脂が人の皮膚の温度になじみやすい性質を持っているため、「座薬」にも使われているとのこと。座薬の成分なんて考えたことないので、ここでカカオ登場におどろきました。

ちなみに、コロンブスがカカオを見つけ、スペインに持ち帰った時は誰もおいしいと思わなかったらしいので、「座薬」(軟膏)の使われ方が先だったのか、ココアとして・チョコレートとしてが先だったのかわかりませんが、ココア(カカオ)とスペインの征服者たちとの出会いは非常に劇的だったそうです。

八坂書房:書籍詳細:世界を変えた植物

 

その後はもちろん、アフリカなどで栽培が今日まで続いていますが、その裏側には子供達に奴隷制度のような働きかたが強いられている事実があることも知っておきたいと思います。人間の欲。

 

 

冬支度 1

東京のわりと西側、小平市に東京薬用植物園はあります。

たぶん東京にある植物園の中で一番好きです。植物園というより畑に近い感じ。

見にくる人よりも植物を優先している姿勢がいい。(当たり前かもしれませんが)

媚びてないというか。

今の時期は植物が盛りをすぎておやすみの時期。いろんなイベントをやって、お客さんを呼びこむのですが、ここは違いました。(敷地内にある施設では定期的に薬草や漢方の講座があります)

植物たちを守るのに必死です。

一面冬支度と、来春に向けて畑の準備がされています。

f:id:grasshouse:20171227232857j:plain

寒冷紗のような布で植物たちが覆われています。白い、丸いものだけだ目立ちます。

 

f:id:grasshouse:20171227233013j:plain

ぬくぬく温室。

 

f:id:grasshouse:20171227233046j:plain

がら〜ん・・・

 

f:id:grasshouse:20171227233111j:plain

がらがら〜〜ん・・・・・・・・・。

それでも必ずなにか発見はあります。

つづく