来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

6月の香り

再び指宿市にある わたしのオアシス・開門山麓香料園へ。 ローズマリーのオイル蒸留の見学 大きな釜から蒸しあがった海ぶどうが、、、、、。 あ、ちがう。ローズマリーです。

ずんぐりムックリ

養蜂をやってみたい と思いつつも、今週から始まった仕事に追われる日々で何も調べてないので具体的なことがわかっていない。それでも募るおもい。 ミツバチではないけど、お尻がとてもキュートな クマバチ。下半身がとても重そうなのに、精一杯羽を広げてホ…

かわいく乱れる

昨日、ちょっと書いたローマンカモミール 朝の光がとてもお似合いで、こんなにかわいいと、 乱れても許される 上の写真右奥、こんな乱れ具合でもなんとなく許される 健気な姿のカモミール (本当はこんなに乱れないように手を入れないといけないのだが、放っ…

梅雨空のスタート

鹿児島の梅雨ってこんなに肌寒かったかしら?それとも年々冷え性が悪化してるのか? ちょっと肌寒い南国の梅雨空が続いています。 と、ここまで書き進め早朝に写真を撮り、この記事をアップしようと書き進めていたらすっか夕方になってしまいました。朝9時…

引越しました

はてなブログから、丁寧に「最後の更新から1ヶ月です。そろそろ更新しませんか?最近何か思ったことでも綴りましょう」的なメールが来たので、ブログを全く更新していないことを思い出した。 写真も撮っていなかった・・・。いや厳密には一眼レフで撮ってい…

激動とは無縁の人生のつもりでも

前回の記事を書いた次の日に友人が亡くなった。私とは年齢がちょっと離れており65歳で乳がんだった。亡くなる10日前に救急車で運ばれて、あっというまに逝った。近所に住んでいたため、しょっちゅう会っていた。友人が入院している間、私は東京の部屋を…

春、はしる

4月に入り、もう下旬を過ぎたような気分。でもまだ今日は11日。濃い日々を送っており、あっという間に春は進んでいて、昨日と今日で風景の変化が驚くほど変化してて、その速さにまったくついて行ってません! それでも時系列に写真をまとめてみたい。最近…

実家のぐるり

春の実家に戻ってました。 この季節を過ごすのはいつ以来だろう。 天気も手伝って、とても穏やかな気持ちがいい日を過ごしました。 母校の裏山から見えるプール。この中学校は4月から隣の小学校と合併されます。 母親とツワブキ採り炒め煮にしました、おい…

聖なる春

春分の日です 「聖なる春」という言葉を最近知りました。 wikiによると、 聖なる春 - Wikipedia 自分の誕生日シーズンに入りました。なのでこの言葉にちょっと反応してしまいましたが、なんとなく響がいい。 聖なる春。 新しい時間の、光の、始まりです。 今…

サンシュユ(山茱萸)

サンシュユ 別名:春黄金花(はるこがねばな)生薬名:サンシュユ(山茱萸)ミズキ科学名,:Cornus officinalis 梅が終わりかけ、桜のつぼみが大きくふくらみはじめるころ、 かわいらくにぎやかにポポポポンんん!!と一斉に咲き出すサンシュユ。 樹枝全体に…

ハニーの思い出 最終回

ハニーの思い出 と題して、植物生態写真家・埴 沙萠さんのことを私のかなり稚拙な文章で紹介してきましたが、今回で最後となります。 ハニーの思い出 3 - 来双船note ーきそうせんノートー ハニーの思いで 2 - 来双船note ーきそうせんノートー ハニーの思…

アセビ

私がまだ幼い頃、実家の庭に立派なアセビがあった。「立派」という言葉を使ったが、子供の時分はアセビの魅力がまったくわからず、なぜこんなダサい植物を植えているんだろうと親のセンスを疑っていた。小さく連なっている花たちはすべて白。それが気持ち悪…

早春、吠える

三寒四温?急にまた冷え込み、今日は雨。 気分だけでもあげるために・・・青空に吠えるホトケノザ オオイヌノフグリというパラボラアンテナ(ほんとにこんなのあったらかわいい)

つぼみの香り

今日は何日だっけ? 3月3日でした。ひな祭りです。しかしそんなことに気づきもしないで、仕事をしていた自分が悲しかった・・・。SNSの友人達の「ひな祭りですね」投稿で知りました。女の子の日も大切だけど、この時期は花のつぼみの方がもっと大事なんです…

積み重ねられたかおり

数回前にこの来双船ノートで書いた、鹿児島県指宿市にある開門山麓香料園におじゃましました。指宿と言えば菜の花がとても有名なところ。 もしかしてまだ早いかな?と季節は東京感覚で車を走らせました。 そして、 ちょうど満開でした 薄曇りの空のもと、黄…

順調なもの

最近になりやっと、少しだけ暖かいかな?という日が増えてきました。朝の光もほんのり春めいてきて、気持ちがほぐれるてうれしいです。いい朝だなあって。 寒さが厳しかった日でも、忙しくて写真が撮れなくても順調なものがありました。昨年末に作ったゆず酒…

2月は逃げる

気づけば2月12日。 あまりにも早い時間の流れにあぜんとしてしまいました。 2月は気が付くといつも月末なので、気を引き締めて過ごそうと思っています。 が、実行できず・・・。(空想・妄想が好きなので、どうしても手が止まってぼーっとした時間が多くなっ…

スパイスとハーブへのあこがれ

最近、この本を読み返しています。 昨年の夏に出版されて、即買いして一気に読んだ本でした。 日本で初めてのハーブ農園 天然香料の力 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/477912347X/hanmotocom-22 鹿児島県指宿市にある、「開聞山麓香料園」の園長…

ハニーの思い出 3

埴 沙萠(ハニ シャボウ)さんです ハニーの思いで 2 - 来双船note ーきそうせんノートー ハニーの思い出 1 - 来双船note ーきそうせんノートー こちらの続き ガタンゴトンと年季が入ったジープは(車体に書いてある文字に注目!)音をたて、埴さんのご自…

空のにぎわい

1月31日の夜から今日、2月2日はお空の方がとてもにぎやかです。 といっても今日が雪が降っただけなので、雪国に住んでいるかたにとってはにぎやか、なんて不謹慎でしょうけど・・・。 まずは1月31日の皆既月食 今回の月食は、今年最大級の大きさに見える満月…

ロウバイはクスノキ目

千葉県の大多喜町に今春オープン予定の、mitosaya大多喜薬草園蒸留所にひっそりこっそりと咲いていたロウバイです。 関東に降った大雪のあとに、スノーブーツでお邪魔しましたが、千葉はすぐに雪が溶けてなくなってしまったとのことで、重装備の甲斐なく?と…

雪道と底なし沼

南国育ちの私にとっては浮足立つような大雪でした。 軽く30㎝以上は積もっていて、歩く度に積もった雪に足が深く吸い込まれ まるで底なし沼を歩いているような感覚になりました。 ちょっと話題は変わりますが、底なし沼って歩いたことがありますか?私はあり…

結晶

あれよあれよというまに雪が積もっていった東京です。今日は仕事が休みだったので部屋から雪をながめました。いつも見ている風景が知らない街になってて、子供みたいにきゃーきゃーときめきながら撮影すればいいのですが・・・。 寒さに弱い、弱い。 それで…

ヤドリギパトロール

最近すっかり話題のまとになっている?植物と言えばマンドラゴラですが、 「マンドラゴラを抜いた」と証言。叫び声を聞くと死ぬという伝説の真相は? 同じくらいにミステリアスな植物の代表格ヤドリギ。 年始、都内に生息しているヤドリギをパトロールした時…

キクラゲの不思議

しつこく、今回もキクラゲの話題です。 木の耳 - 来双船note ーきそうせんノートー こも巻きと、キクラゲの報告 - 来双船note ーきそうせんノートー 1月9日に収穫したキクラゲは 前日雨が降っていたという気象条件のもと、張りがあっていきいきしていたので…

ゆずは種ありがいい

最近は果物を食べる人が少なくなったと聞きます。 「皮をむくのがめんどう」「種を出すのがめんどう」(日本は値段が高いっていうこともあるのでしょう) スーパーにはカットされた果物がずらっと並んでいます。さらには 食べやすいように、品種改良され種な…

うちは寒い

今住んでいるところは1階で、床暖房なんて入っていないため底冷えがします。 部屋の中ではだるまのようになっており、デスクワークをするときは足元に湯たんぽをおきます。 当然のごとく窓際には結露が。 最近の窓ガラスは結露が付かないものが多いようです…

ハニーの思いで 2

「写真で、メシを食ってるんで、写真家ということになっていますが、カメラが好き、写真撮るのが好き・・・芸術愛好の写真家じゃなくて、自然科学愛好家とでもいうのでしょうか・・・そんな埴 沙萠から、学びたいモノがあるのなら、ご自由にどうぞですが、撮…

氷点下

さむい・・・ 寒かった うちの部屋の中も冷蔵庫のように寒かった! 朝の気温、氷点下でした 近所の公園は霜柱がいっぱい 瞬間的に凍るんでしょうか?なぜこんなに直立なんでしょうか? 肉眼では見えず、マクロレンズで撮影をしているとわかるのですが、陽が…

こも巻きと、キクラゲの報告

今回は報告が2つ 先月、松に巻かれている「こも巻き」のことを書きました。 あたたかいものには巻かれろ - 来双船note ーきそうせんノートー皇居の松は、腹巻をしていない、と。きっと新陳代謝もよく、血行不良なんて縁がなく、寒くても薄着で寒がることな…