来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

仙人なんだか天使なんだか

これを書いている6日は少し肌寒く、時折雨がパラパラと降っています。それでも傘は刺さないで小走りで移動。肌に雨が当たり、保湿効果バッチリ。

 

写真は2日に撮りました。朝は冷え込みを感じたので、なんだかあったかいものが恋しくなり湯たんぽを出してしまいました。それでもお昼少し前からいっきに太陽が姿を見せ、清々しい青空だったので思わず歩いて10秒のところにある公園に向かいました。

f:id:grasshouse:20170907004817j:plain

 

すぐに目に飛び込んできたのが、白いかたまりになっていたセンニンソウ。昨年は目立つ事なく咲いていたのですが、今年はあちらこちらで群生しておどろきます。
秋の気配を感じるさらっとして空気が手伝い、いろんなものがキラキラしていたなかで、白い天使のように見えます。天使なんてなかなか使わない単語なのではずかしいけど、仙人が天使ねえと自分でじぶんにツッコミを入れてみたりしたけど、それだけ存在感がきわだっていました。

f:id:grasshouse:20170907005330j:plain