来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

疑念と効能

f:id:grasshouse:20171001070037j:plain

ハトムギ・生薬名:ヨクイニン

最近になって、以前からあった首回りの小さな「イボ」が気になり始めた。イボというより、ほくろにまちがえるようなぶにょぶにょしたものではなく、私が気になっているイボはほんとーに小さくて注意しないとわからないもの。

 

なのでネットで調べてイボと分かった。一応女性なので、これが増えるのもいやなのでなんとかしたい。そうだ、イボと言えばあれだ。

 

ハトムギ
生薬名はヨクイニン
どちらとも昔から美白効果があるとされています。

ハトムギ茶、ハトムギ化粧水、いろいろあるけど、生薬としてのヨクイニンの方が効果はシャープかもしれないと思い、今3週間ほどガンガン服用中。効果のほどは、、、イボは増えることなく減る事もなく、正直わからない・・・・。

 

私の義姉も同じ「イボ」

で、皮膚科に行き、老化現象のひとつ、と言われたらしい。そうか、そうだよな。老化現象が出てくる歳だ。おそらく老化現象で出てきたものは、いくら生薬でも効かないんじゃないか・・・という疑念がちらり。

 

さらには、ハトムギお手玉の中に入っているジュズダマと同じ仲間で姿形がとても似ている。私は幼い頃お手玉がほとんどできず、お手玉で楽しむおばあさま達がサーカス団に見えた。(注:お手玉が流行っていた年代の子供ではない)
今でもハトムギを見ると「お手玉ができない!!」自分を思い出す。それは、今ヨクイニンを飲んでいる効果にとても響くような気がしてならない。つまり曇りなき眼で生薬を飲むことが大事!(笑)

なんだか、こんなこと思うのも老化現象なんだろうか。という疑念がちらり。
お手玉なんて知っている若者はいるんだろうか)


ハトムギには罪はまったくないが、まずはブログでお手玉なんて単語を出したり、この「老害」のような疑念を取り除く生薬が必要か??