来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

背中をさする

幼い頃の古傷がけっこ痛みだし(右足首と右ひざ)、おそらくその痛みをかばう歩き方・姿勢のせいか?腰まで痛み出したので、現在、整体に通っています。友人からの紹介で人生初の整体院でしたが、先生自体がゴッドハンドなのですべてが癒し系で安心しきってます。

 

先日、ちょっとストレスがたまり、自律神経が乱れているような気がしたので、簡単に整えられる方法を先生に教えてもらうことになりました。それがとても簡単な方法だったんです。


「背中をさする」


ベッドにうつぶせ寝になって、10分間ほど背中を両手でぐるぐるとさするんです。
これは3ヶ月毎日続けた方がいいらしいので、パートナーが必要になってくるんですが・・・。
ゴッドハンドに背中をさすってもらっているときに、ふと思い出しました。
誰かが悲しみに打ちひしがれている時、具合が悪い時、私たちはなんの違和感なく背中を繰り返し繰り返しさすります。子供の頃、お母さんにさすってもらった経験が誰でもあるかと思います。特に具合がよくなるわけではないですが、とっても安心してしまい、眠気さえも出て来ます。(私だけかもしれませんが)

おそらくこれは、人の手、に限ったことかもしれません。

なぜ背中をさするのか、理由は聞かされたことはないけど、自律神経を整えるための行為なのでしょうか。

そこで、まあ、なんともいかにも素人の安っぽい結論に達しました。

先月NHKスペシャル山中伸弥教授とタモリが人体の神秘にせまる内容をやっていました。第1弾は肝臓の特集。
ざくっと言うと肝臓が身体中臓器に情報を発信して働きをコントロールしている、という、しかも、脳からの指令ではなくて肝臓がかなめになっているという内容で、ほほう!と興奮しました。
そうか、背中をさするということは、臓器を体の裏側からさすることではないか!?そして臓器が活性化されて、自律神経が改善の方向に向かうのではないか!?

山中さんも苦笑いか、ま、スルーかもしれませんが、そんなところにたどり着きました。ぜひ、ご家族で毎日背中をさすってみてください。ほんと気持ちいいですし、夫婦・カップル・家族円満ですよ、きっと。
人の手の効果はすごいです。

 

*文章と関係ありません

f:id:grasshouse:20171107222322j:plain

アザミ(Cirsium) 生薬名:大薊(ダイケイ)