来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

つぼみの香り

今日は何日だっけ?

 

3月3日でした。ひな祭りです。しかしそんなことに気づきもしないで、仕事をしていた自分が悲しかった・・・。SNSの友人達の「ひな祭りですね」投稿で知りました。

女の子の日も大切だけど、この時期は花のつぼみの方がもっと大事なんです。

f:id:grasshouse:20180304004556j:plain

今、まっさかりの梅
花が開いたときよりもつぼみの方が香りが驚くほど高いんです。
開いているときも若干匂いはします。花が開く前にすまぬ、と思いながらつぼみを無理矢理開いてみると、まあ、なんとウットリすることか。
(鼻に近づけると鼻の穴に入るので注意が必要)

 

f:id:grasshouse:20180304004611j:plain

コブシのつぼみ

子供の手袋みたい。。こちらは生薬として、鼻詰まりに効果的なので今の時期によく使われます。
生薬名はシンイ。ツーンとした独特のかおりでちょっとミステリアス。 

 

 

f:id:grasshouse:20180304004621j:plain

バラのつぼみです 

生薬名はマイカイカ(響きがいい、とてもかわいらしい)
厳密には同じバラ科のハマナスのつぼみを使用します。ローブヒップもハマナスの実をしているようですね。
香りは想像できると思いますが、上品、やっぱり「ローズ」の香りがします。
気の巡りをよくさせて、血の流れを調和させます。女性にはうれしい効能がたくさんです。

 

f:id:grasshouse:20180304004632j:plain

そしてみんなの嫌われもの
スギ。
こうやって見ると実にかわいらしいじゃないですか。
って私は花粉症の症状がないから言えるんですが、みなさんつらそうです。
スギの次はヒノキ・・・いろんなものが飛びかっている時代。うまく付き合える方法ってないのでしょうか。