来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

春、はしる

4月に入り、もう下旬を過ぎたような気分。
でもまだ今日は11日。濃い日々を送っており、あっという間に春は進んでいて、
昨日と今日で風景の変化が驚くほど変化してて、その速さにまったくついて行ってません!

それでも時系列に写真をまとめてみたい。
最近やっとiPhoneを持ち始めたので、ここ数回のアップはすべてiPhone撮影の写真です。

 

3月に鹿児島県の指宿市にある香料園に再訪。
朝9時前の光でくっきりきれいない開聞岳。すっとした三角が特徴的。

f:id:grasshouse:20180411003532j:image

 

 

すぐに園内で見つけた、おそらくフデリンドウ
色が濃くてラッパ状の開きかたがかわいい。

f:id:grasshouse:20180411105205j:image

 

 

これがわからないんです。まだ調べていませんが。

f:id:grasshouse:20180411152351j:image


それより、土に注目して欲しい。粒がとても大きいんです!!初めて見たときはとても驚きました。こんな土があるのか?と。
副園長の宮﨑さんによると、この土は開聞岳が関係しているとのことで指宿はだいたいこの土だそうです。根菜は育ちにくく、田んぼがない。そう、確かに田んぼは指宿で見たいことがないかも。

 

水はけがとてもいいため、ハーブを育てるには好条件なんです。

 

ローズマリー周りの草刈りをする宮﨑さん。この日は日差しがとても強かったのですが、黙々と作業をされてました。草刈り後はお茶の材料にするため収穫もされました。
ハサミでぱちんぱちんと刈り取るたびに香りがたちます。

f:id:grasshouse:20180411105547j:image

果てしなく広い香料園。これが日常の風景ってすごい!