来双船note  ーきそうせんノートー

きそうせん 「薬草」に繋がるすべてのこと・ものを乗せた船。 (来双は造語です)

芽に追われる

f:id:grasshouse:20180909113955j:plain

魂のさけび!

細くてもちっちゃくてもみんなで一斉に叫ぶんだ!

って感じ。

言葉は悪いけどちょっとホラーな写真です。

 

か弱いかわいれ大根のようですがフダンソウの芽、です。

ドイツにいる友人から春に

フダンソウ

・ビーツ

・チコリ

の種をもらいました。

f:id:grasshouse:20180909114713j:plain

 

春巻きの条件が書いてあったけど、調べると秋蒔きでもOKだったので

3種類一斉に種まきしました!

フダンソウなんて食べたことないし、聞いたことない(いや、もしかして最近物産館にでよく売られている、あのカラフルな葉っぱ?)

ビーツなんて、ロシア行った時に毎日ボルシチにお世話になったくらいで、調理したことない。

チコリももちろん、身近ではない。ハーブとして使われているのは知っていたけど、何より印象的ないのは爽健美茶のCM

「ちこり〜、はぶちゃ、ぷ〜あ〜る〜」だ。

 

さあ、とにかくなじみのない作物だけど種があるからには蒔かねば!

どれくらいの発芽率か心配したけど、3種類とも90%に近いんじゃないかって思うほど優秀だった。

そして、上の写真、フダンソウだけど、あれ?芽がものすごい数だけどこんなに種蒔いたっけ?記憶をたどるが、蒔いた時の指先の感覚と数が合わない!

そして、蒔いてから2日ほどで発芽が始まり、あまり陽が差し込まない倉庫で3日ほどほっといてしまっていたら、こんなに間延びしてしまった・・・。

慌ててネットで調べたら、なんとフダンソウはひとつの種から2、3本芽が出るらしい!というのがわかった。種自体は全然大きくない。

そしてこの芽の洪水!!

申し訳ないと思いながら、弱っちい子を間引きしました。

ああ、やっぱりいろんな意味で慣れないな、この作業。